本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
資料請求
ここから本文です

新着情報

習慣的な軽い運動が共感性の向上に有効?-BDNFの関与とその調節機構の一端を解明-

[CATEGORY] プレスリリース, メディア情報, 新着情報

群馬大学共同教育学部の島孟留講師、同大学未来先端研究機構の川端麗香講師らの研究グループは、健康なマウスを用いて、4週間の低強度運動が共感性を向上させること、加えて、マウスの島皮質においてBdnf注1のmRNA注2量や、その制御に関連するmiRNA注3であるmiR-486a-3p量を増加させることを見出しました。

他者理解を支える能力である共感性を育む運動条件は、これまで不明でした。同グループは、マウスの救助行動試験注4を用いた研究により、4週間の低強度運動がマウスの救助行動の表出を早めることを明らかにしました。さらに、この運動が、共感性を司る島皮質での Bdnf mRNA や miR-486a-3p の発現を高めることを見出しました。miR-486a-3pに制御されるFndc5とBdnf発現の相関関係が島皮質でみられたことから、島皮質でのmiR-486a-3p/Fndc5/Bdnf経路の上方制御を通じて、低強度運動が共感性の向上に功を奏すことが示唆されました。

今後、本研究成果を足がかりとして、共感性の向上に最適なライフスタイルや新規治療法の発展に期待がかかります。

本研究成果は、2022年4月19日に、「Brain Research」オンライン版で公開されました。

研究成果のポイント

  • 共感性の向上に運動?スポーツが寄与する可能性が示されていましたが、その条件は不明でした。今回、習慣的な低強度の運動介入で共感性を高められることを新たに見出しました。
  • この低強度運動は、共感性に関わる島皮質において Bdnf mRNA や miR-486a-3p の発現を高めることがわかりました。
  • miR-486a-3pに制御を受けるFndc5とBdnf発現の正の相関関係が島皮質でみられたことから、低強度運動による共感性の向上は、島皮質内のmiR-486a-3p/Fndc5/Bdnf経路の制御により生じる可能